FC2ブログ
ダンジャラズLIFE
ものにあふれて、断捨離とはほど遠いくらしをしています。
201410<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201412
クオリティと価格について
真面目におもうこと。



すぐ新素材に手を出してしまう浮気性のわたし。

いつも、こんなんつくったらたのしそー!とか、
こんな風にしたらおもしろいかもー!

と、思い付いたらやってみたくなる性分で、今までいろいろ作ってみました。

しかし、新素材というのは、
頭で考えたようにはなかなかうまくはいかないものです。


今回はあの、オーブン陶器でつくづく反省(-_-;)
軽い気持ちで仕上げ材の耐水性塗料を思いっきり厚塗りして、これでおもしろいテクスチャーができるんじゃないかと焼いてみたら、
厚塗りしたところがプクーーーって膨れて、えらいこっちゃになりました、
あわてて削り取って二度目はていねいに薄塗りして、も一度オーブンに。

こんな風に四苦八苦して作品を作っております。


そういえば、前回のプラバンにしても、
アクリル絵の具で色付けしたらいいもんだと思ってたら、
簡単にはがれちゃうし。
しかたなしに裏からも色付けしたプラバンを貼り付けたら、
接着剤の習性で、透明部分が白く濁ってしまった。



あーあ、すごく手間かかっちまったよ。
あーあ、なのにこのクオリティの低さよ。


考えたらいつもそうだったな。

羊毛フェルトはじめたときは、
こんなもんかな、で適当に作った作品を、かなりの安値で売り付けておりました。

同じものを何度もいくつも作っていくうちに、
だんだん仕上げがわかってきて、
やっと、自信をもって提供できるものになる、場合もあり、、、


しかし、
こうして、気持ちばかりが先走りながらも、誰かが「これ、おもしろい、ほしい!」と思っていただけたら、という思いでモノ作りをしております。
ただし、必ずイッテンモノ。
全く同じものはこの世に存在しない。
これがてづくりのおもしろいところ。




クオリティが低ければ、
お値段もとれないし、

といいつつ、

お買いくださる方にとっては、
買ったのにすぐダメになった!

と、お怒りの方もおられることでしょう。


これからも、四苦八苦を繰り返しながら、
おもしろいものを
そして、クオリティの高いものを
提供できるように、

改めて工作家として心に誓うのであります。


いままでに、
買ったのになんだよこれ!
という経験のあるかた、

ごめんなさい。

機会があれば、ぜひ、お声を聞かせてくださいませ。
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.